花粉症の症状は年々ひどくなるばかり?

今や日本人の25パーセントは花粉症だと言われています。
今は症状を持っていなくても将来的にはあなたも苦しめられることになるかもしれません。
中には年々症状が悪化していき、夜も眠れなくなっている方もいます。
それには理由があるのです。

花粉症というのは粘膜に炎症が起こり、それに身体が過剰に反応してしまっているという状態です。
それによりくしゃみ・咳・鼻づまりといった症状が出てくるのです。
常にくしゃみや咳をしていると更に咽喉や鼻の粘膜は傷つきます。

そのためちょっとした刺激にも炎症が引き起こされやすくなり、更に悪化していってしまうのです。
大切なのはできるだけ粘膜を傷つけないこと。
すこしでも鼻や咽喉に負担がかからないよう心がけることで粘膜を治癒して症状緩和につなげましょう。

とはいえ、一人ひとりの努力ではどうにもならない原因から花粉症が悪化していっているというのもあるのです。
アレルゲンとなるのは花粉です。
その花粉の飛散量が年々増えてきているのです。
企業がPR目的で行う植林活動も花粉症患者にとってはありがたくない話です。
杉の大量植林が行われたりする中でアレルゲンの飛散量がどんどん増えているのですから、どんどん花粉症患者も増えています。

個人のレベルでどうにかできる問題ではない以上は、少しでも花粉に接触しないようにするしかないでしょう。
できるだけ外に出ない、など頑張るしかないのです。

もしかしたら免疫力の低下が原因かも知れません。
薬を飲むことで身体がアレルゲンをどうにかしようという働きをストップしてしまっているのです。
症状を薬で抑制するというよりも自身の免疫力で抑えるためにも、日々の生活の見直しが必要です。
きちんとした食生活や早寝早起きの習慣が花粉に対抗できる元気な身体を作りだすのです。

一度花粉症になったら毎年同じ時期に、人によっては一年を通じて付き合っていかなければなりません。
少しでも楽になるよう日々の生活の見直しは大切です。

咳やくしゃみで傷ついた粘膜を回復させる方法とは?

鼻やのどの粘膜は粘液を分泌させることによって表面をしっとりと潤し、ウイルスやほこりや花粉といったアレルゲンから身体を守ってくれているのです。
そんな粘膜が咳やくしゃみで傷ついたときにもやはり食べ物は有効です。
粘膜を回復させるのにおすすめの栄養素・食べ物をしっかり摂るようにしましょう。

たとえば、納豆やヤマイモ・オクラなどネバネバ食材に豊富なムチンは粘液に多く含まれる成分です。
レバーやうなぎ・卵・チーズ・緑黄色野菜に含まれるビタミンAは粘膜や皮膚を構成する上皮細胞を作り出す働きがあります。
その他にビタミンB2やB6・Cなどビタミン類をバランスよく摂りましょう。
食べ物だけだと難しければサプリメントもあります。
カキやウナギ・納豆・卵に含まれる亜鉛は新陳代謝を活発化するのに役立ちます。

中には摂りすぎると逆に良くないものもあります。
必要なのはこれらを意識して取り入れながらバランスの良い食生活を行うことです。
無茶なダイエットをした結果、風邪を引きやすくなったという経験をしたことがある人がいるはずです。
食生活の乱れは更に粘膜を弱めることになり健康状態は悪化するばかりです。

貧血になると鼻や咽喉だけでなく体中の粘膜が弱くなるので、特に貧血になりやすい女性は要注意です。
鉄分もしっかり摂りましょう。

花粉症のための薬というのも処方されるでしょうが、それにのみ頼っていては身体はどんどん弱くなっていく一方です。
元々人間には身体の中に入ってくるさまざまな異物に対抗できる力というのが備わっているのです。
できるだけそういった異物が入ってこないよう花粉が多い場所に近づかない、というのも大切ですが、入ってきたものに対抗できる力もつけるようにしましょう。