市販薬のストナリニZの効果は?

佐藤製薬から販売されている「ストナリニZ」は、花粉・ハウスダストによるアレルギー性鼻炎や鼻水・くしゃみ・鼻詰まり等の症状に効果のある市販薬です。
特に鼻水や鼻詰まりの症状に効き目が高い為、花粉症の時期に使用する人が多いです。
市販薬でありながらも、セチリジン塩酸塩を配合したアレルギー用薬であるジルテックと同様の効果・成分分量配合しているのが特徴で、1日1回1錠で長い効き目があります。

有効成分であるセチリジン塩酸塩の効果

有効成分であるセチリジン塩酸塩は、抗ヒスタミン薬の中でも成分の血中濃度が最大になるまでの時間が早く、即効性があるのが特徴です。
また、セチリジン塩酸塩は抗ヒスタミン作用だけでなく抗アレルギー作用および抗炎症作用もある為、「今つらい症状」と「後からくる症状」の両方に効果を発揮します。
そのため、花粉症等の季節性のアレルギー性鼻炎症状の対策としては、症状が出始めた際にすぐに服用するのが望ましいです。

ストナリニZ は薬局や通販サイトでも購入可能

ストナリニZは第2類医薬品に分類されているので、薬局やドラッグストアだけでなく、インターネット上の通販サイトでも購入が可能となっています。
ストナリニZは病院で処方されるジルテックと同じ有効成分を同じ量配合した市販薬なので、仕事が忙しくて病院に行く時間が取れないという人には便利な薬であると言えます。

ストナリニZの副作用は?

佐藤製薬が販売するストナリニZは第2世代抗ヒスタミン薬に分類されます。
第2世代抗ヒスタミン薬は、第1世代抗ヒスタミン薬と比較して副作用が出にくいとされていますが、医薬品である以上は副作用を引き起こす可能性はあります。

副作用としては口の渇き・眠気・便秘・目のかすみといった症状が起こる可能性がありますが頻度は少なく、就寝前に服用する薬なので日中の眠気はほとんど問題ありません。
ただし、服用後に車の運転をする場合や機械類の操作等がある人は、時間に余裕をもって服用するなど注意が必要となります。
滅多に起こりませんが、ごくまれにアナフィラキシーショック・肝機能障害・血小板減少といった重篤な症状が起こることがありますので、このような症状が見られた場合にはすぐに服用を中止して医師の診察を受けましょう。
もちろん症状には個人差があり副作用を感じられない人もいるので、まずは翌日に何もない時に試してみるのがいいでしょう。

ストナリニZを服用する時に注意すること

授乳中の女性はストナリニZを使用しないように注意が必要で、15歳未満の小児や腎臓病の診断を受けたことがある人は服用できません。
さらに、ストナリニZを服用する場合は他のアレルギー用薬や、抗ヒスタミン剤を含む内服薬を服用することはできませんので充分に注意して服用するようにしましょう。
このような副作用があることを把握した上で上手に使えば、花粉症等の辛い症状を抑えることができます。